MENU

DANCE DELIGHT WEB SITE - 日本最大級のストリートダンスコンテスト「JAPAN DANCE DELIGHT」など多数のダンスイベントを運営するストリートダンスプロモーションカンパニー株式会社ADHIPの公式サイト

DANCE DELIGHT WEB SITE

EVENT REPORT

イベントレポート

TOKYO DANCE DELIGHT VOL.20

2018.12.02 UPDATE
イベント日程 2018/12/02  13:30-21:00
イベント会場CLUB CITTA'

JDD VOL.26シリーズの口火を切るシティーシリーズ第二弾
"TOKYO DANCE DELIGHT VOL.20"
に46チームがエントリー!
優勝は東京のハウスチーム
"TERM-INAL"

 

 

===RESULT===

▼WINNER
TERM-INAL(HOUSE/東京)

UC
どのチームも勝ちに来ているのは当たり前の中で、1番“優勝”というものを具体的にイメージ出来ていたチームだと感じました。
作品の起承転結がしっかりしていて、尻上がりに疾走していく音源と展開に、観ているこちら側のテンションも一緒にあげさせられました。
スキルも高く、体力も底無しで、気合いも入っていて、心技体の充実を見せてもらいました!


ARANAMI
隙がなかったですね。自分達の流れの中にスキルと見せ場とがあり、流石でした。戦い方がわかっているなと感じました。


MEDUSA
とんでもない体力だなと、、、。圧巻でした!


TATSUO
信じる道が正しいのかどうか、一つ一つ確かめながら歩んできて、自信と誇りを迷いなくぶつけてきた真っ直ぐさが素晴らしかった!選曲も振付も、らしさを貫いてて気持ちよかった。


バファリン
優勝だなって感じでした、初めから最後まで、引きつけられました、あのテンションと運動量を保ち続けるのは凄いなと思いました。

 

 

 

▼2nd PLACE
Dread Noots(HIP HOP/東京)

UC
dopeな世界観と、振り切った踊りで、とてもワクワクしながら観れました。ILLな質感が軸なのに、そこに笑顔や素の部分も出ていて、良い意味でチカラも抜けているところも余裕を感じられて良かったです。茶色の衣装の方のソロもテンションブチ上がりました!あともうひと展開あれば、優勝もありえたんじゃないかなと思いました。


ARANAMI
自分達のスタイルを信じて貫いてるのが伝わり、チームとして厚みがありました。一番気合いを感じました。


MEDUSA
バラバラなのに空気感が同じで音へのアプローチが独特で魅入りました。


TATSUO
3人の本当に自然な繋がりが素敵。ダンスも間違いないテクニックと遊びが両立してて素晴らしい!


バファリン
すごく面白かったです、勢いがありました、三人で踊れるって嬉しい楽しいって気持ちが伝わってきました、ただ、ブルブルは大切に小出しにしたほうが、よさげかと!
 

 

 

▼3rd PLACE
ファンファーレ(POPPING/東京・群馬・北海道)

UC
最初の30秒で1番惹き込まれたチームでした。
自分たちへの確かな自信も漲っていて、安心して観れました。
作品の展開をどう受け止めるかは意見が分かれそうですが、音源の繋ぎや、振りの流れはハイスキルなのにナチュラルで良かったです。


ARANAMI
上質なスキルが他のチームより一歩出ていたかなと思います。流れの中に、遊び心が加わると更にチームとして際立つのかなと感じました。


MEDUSA
場を楽しんでいて、衣装も素敵で華がありました!トータルコーディネートされていて良かったです。


TATSUO
リラックスと攻めが絶妙に気持ちよく、あっという間!落ち着き方が大御所ですw


バファリン
スキルもあるし見せ方も三人のテンションも凄く良かったです、ただ三曲目の音質なんですかね、じゃっかんわれて聞こえました。もっとぶち上げられると思います。

 

 

▼4th PLACE
グッドファーザー(LOCKING/北海道)

UC
人数が増えたけど、踊りの質が下がることなく、むしろ上がっていて、構成の流れも良く、沸かせどころも狙い通りにハマっていたように思いました。
彼ららしい空気感がしっかりと会場に伝わっていて、ライブ感を感じられたことも良かったです。


ARANAMI
本人達が一番楽しんでましたね。それがわざとらしく無く伝わってきて心地よかったです。lockingの盛り上げ方としても上手いなと感じました。


MEDUSA
全体の盛り上げ隊長だったなと!ふざけてるけれども、しっかり押さえるところは押さえていて、楽しませてもらいました。


TATSUO
一人ロングコートだしw、選曲の変態さ最高だし、ワクワクした!


バファリン
高得点でしたが、自分としては入賞圏内ではなかったです。しかし、イベントを楽しみきっていました、テンションが高くて自然と笑顔になる作品でした、もっと面白い事ができるであろう期待値の高いチームでした!!
 

 

 

▼5th PLACE
アンテイアス(SOUL&WAACKING/秋田・山形)

UC
シンプルな流れと構成でしたが、まとまりがあって、そのまっすぐさがエンターテイメントとして会場に伝わったのではないかと思います。
気持ちの良いユニゾンが多く、スムースに観れる分、もっと良い意味でこちらを裏切るようなナニカを期待した部分もありました。


ARANAMI
舞台で輝いてました。大人数を活かした構成と表現力が素晴らしかったです。チーム内のスキルが安定してくると、更に良かったと思います。


MEDUSA
ものすごくハッピーで愛を感じました。心が温かくなりました。そして笑わせて頂きました(笑)。


TATSUO
構成美と振り付けの追求が素晴らしい!


バファリン
自分はかなり高得点でした。初めてほっこりしたチームでした。団結力が凄くみえました。沸かせどころや、キャラの使い方も、素晴らしかったです!!

 

 

▼SPECIAL PRIZE
OSSD(STREET LATIN/大阪)

MEDUSA
己が道を行くのが素晴らしかったです。


TATSUO
キャラクター、テクニック、オリジナリティ、あんな風に素敵に踊れたら最高です!!


バファリン
ひたすらパッションが伝わってきました、新しいものをみました!!
 

 


Riff chase(HIP HOP/静岡)

UC
選曲も良かったし、面白い構成も随所に散りばめられていたし、身体も利いているし、終始ワクワクできました。
彼らにしか出せないフレイバーが濃くなっていることも好印象でした。アクシデントやハプニングを味方につけられるくらいの余裕があれば、さらにぶっちぎれると思います。


バファリン
としては5位圏内でした、新しいアプローチが沢山あって見ていて楽しかったです。最高でした。
 

 


D&F(HIP HOP/青森)

MEDUSA
ノリが良すぎて最高でした!いききってるのが良かったです。


バファリン
見ていて楽しいしバイブス前回で爽快でした、ただ目立ちすぎちゃう時があるのでもったいないかと。


ARANAMI
自由な表現にやられました。自由過ぎても見ていて引き込まれるのは、技術あってこそ。楽しかったです。
 

 

 

▼JUDGE
UC, ARANAMI, MEDUSA, TATSUO, バファリン

UC
予想通りレベルの高い戦いになり、順位のつく5枠に絡んで来そうなチームが自分の中でも10チーム以上いるくらい混戦でしたし、JUDGEそれぞれの観点もあって、良い意味で割れた評価結果になったと思います。それぞれが拘り抜き、考え抜いた作品を、大きな情熱を帯びた踊りとしてぶつけられて、真剣に受け止め過ぎて、途中から本当に頭が痛くなるくらいでした(笑)とにかく今はテクニックが高いことも、身体が利くことも当たり前になりつつあって、さらには構成や魅せ方・キャラの活かし方まで方法論もたくさん確立されつつあって、そうした現状の中で、いかに新しいものを創造できるか、価値を感じさせられるかというところが、こういうレベルの高いコンテストでは勝負の分かれ目になるのかなと思いました。そして、初期衝動とセンス(知識)、自己の強さと他己の理解など、“バランス感覚”が絶対的に必要なんだなと思いました。入賞以外では、本当にたくさんありますが、高得点をつけたのは、「Drip nuts JAM」です。音源、世界観、構成、衣装、テクニック、すべてが噛み合っていて、チームバランスも高く、とても良かったです。僕の中では入賞していました。個々の強さがもっと際立ってくれば、さらに伝わるものがあるのかもしれません。「Cloud Nine.」は、この日出ていたLOCKチームの中で1番かっこよかったです。選曲も良かったし、振り付けも心地良かったです。「BO:CE」は、1曲使いにした意味を感じられる素直な作品と、ダンス力の高さがとても好印象でした。「F.S.A」は、自分たちの強みをしっかりと出したクールな作品で最後まで印象に残っていました。その他に高得点をつけたチームは、「Sensible」「Bull Sugar FUNK」「ABANDON」「トーホクハラマキレディース」などです。言い出せばキリがないのでこの辺にしておきます。


ARANAMI
初めてディライトのジャッジをさせて頂き光栄でした。個人のスキルは高くても、チームとしての場数、経験値が舞台で見えるチームが少なかったかなと感じました。コンテストだから!と今の自分達の中でフレッシュでは無い物でも、無理矢理に出してわざとらしくなっているようなイメージのチームも多く、もっと自然体でも良かったかなと思いました。その分オリジナリティがあり、多少粗くても、自分達に自信をもって迷いがないチームがやっぱりカッコ良かったです。本当に少しの事で見え方が変わってくると思うので、今回入賞しなかったチームもまたチャレンジしてください。入賞以外では「Sensible」は終始はワクワクしました。とても表現力が高くて素晴らしかったです。「パワーパフガールズ」は選曲良くスキルも高かったです。「Cloud Nine.」は自分達の色が出ていて、楽しみながら攻めてるのが伝わりました。「Drip nuts JAM」の世界観は良かったです。「ABANDON」は空気感が安定していて、集中力の高いショーで良かったです。


MEDUSA
踊りだけではなく気持ちまでこちらに届いたチームが多く、見ていて本当に楽しませて頂きました。しかしそれを審査しなくてはいけないというのが本当に辛かったです。最終的にどれだけ自分のチームをレペゼンしてこの空間を自分達の色に染められているか、トータルコーディネートできていて、そして心にグッとくるかというところでみました。入賞以外では、「JUA」は、気持ちが伝わってきてグッときました。衣装の使い方もよかったです。「Drip nuts JAM」は、独創的で面白かったです。「Cloud Nine.」は、オシャレで音へのアプローチも素敵でした。「Sensible」は、パワーがあり気持ちがあがりました。「TK」は、空気感が変わるのが見えて、素晴らしいと思いました。


TATSUO
色々な事を学び吸収し、そこから自分達のイメージするワクワクする自由な表現が出てきていると感じました!今後が楽しみでしかありません!今を見ているダンスをこれからも見たい!入賞以外では「トーホクハラマキレディース」は、チーム愛が会場中に広がり、選曲、振付とても気持ちよかった。「FAVO+LAS」は、音も質も最高にかっこよかった!


バファリン
上手いチームがたくさんありました、ほとんどが上手いチームでしたが、グッとくるチームは少なかったです、新しくて、エンタメ精神というか伝えようとしてるチームに自分は点数が入りました!とにかく勉強になりました!入賞以外では「B:OCE」は入賞圏内でした!「F.S.A」も高得点でしたしフレッシュでした。もっと勢いがあればって感じでした!「Drip nuts JAM」も新しくて面白かったです!
 

一覧にもどる