MENU

DANCE DELIGHT WEB SITE - 日本最大級のストリートダンスコンテスト「JAPAN DANCE DELIGHT」など多数のダンスイベントを運営するストリートダンスプロモーションカンパニー株式会社ADHIPの公式サイト

DANCE DELIGHT WEB SITE

EVENT REPORT

イベントレポート

DANCE ATTACK!! 東日本大会高校生の部

2018.08.06 UPDATE
イベント日程 2018/08/06  12:00-19:00
イベント会場CLUB CITTA'

35チームが出場した
"DANCE ATTACK!! 東日本大会高校生の部"
7組が決勝進出を決めた!

 

 

===FINALISTS===
jumelfeeL (JAZZ/奈良)

NABETA
気持ちの伝わり方が凄かったですね。それでいて踊りはスゴく安定している辺りに練習量とこの大会に賭けてきたものを感じました。良かったです。


WREIKO
ブレのない軸と、彼女たちの技術力は素晴らしいと思います。コンテストだからこそ新たなスキルフルなダンスや二人の仲の良いコンタクトを見たいとも思いました。


RISA
立ち振る舞いから引き込まれました。自分達が良く映る方法をちゃんとわかっているように感じました。また、しなやかな中にも力強さを感じました。


Omichi
スタートから引き込まれ、2人の動きも高い次元でシンクロしていました。観ててとても気持ち良かったです。

 


ExQuisite (FREESTYLE/大阪)

NABETA
今大会で最も「FREESTYLE」を感じました。自分達はこうだ!これがカッコいいと思うんだ!てゆうのが伝わってきてカッコよかったです。


WREIKO
ファッション性、彼女たちの魅力、やり過ぎずナチュラルで日本人離れした二人の空間が好きでした。コンテスト使用にした遊びある構成も面白かったです。


RISA
自分達の世界観や感性を大切にし、それを最後まで表現していました。2人のバランスも良く仲が深い事もよくわかりましたし、普段どういった関係を築いているのかが想像できました。彼女達の親密な関係がダンスにでることは素晴らしいことだと思います。そのまま、らしく頑張ってください。


Omichi
フリの音ハメが面白く、自分たちのストロングポイントを最大限に活かした感じがよかったです。

 


FOREVER M AND (JAZZ HIP HOP/東京)

NABETA
世界観の作り方、仕草などスキルの高さが群を抜いていたと思います。良い意味で人となりが見えるような隙がちょっとだけ欲しかったです。


WREIKO
貫禄ある個人個人のオーラ、ナチュラルに出る遊びが素敵でした。技術力があるからこそ、もっと色んな事をダンスで魅せれると思いました。


RISA
落ち着いて自分達らしく、息のあったパフォーマンスでした。音楽が好きなのもわかりました。よく言えばシンプルですが、音どりにパターンが見えたので見ている側としては裏切られたいなと思いました。


Omichi
流れはわかりやすかったですが、スキルは抜き出ていました。

 


StepWise (HOUSE/大阪)

NABETA
センスが素晴らしかったです。そのセンスを伝える技術もしっかりあっていい空気感出してました。カッコよかったです。


WREIKO
素直にカッコ良かったです。


RISA
難易度の高いステップも軽々と踏んでいてダンススキルもありました。ショーケースから彼女達の解釈や現代的なものも感じ、またチーム感もあって良かったです。


Omichi
曲、衣装、2人の空気感に統一感がありとても良かったです。新しいステップに挑戦してるところも好印象でした。
 

 


RIPUKA (HOUSE/千葉)

NABETA
とにかく「ここで獲りたい」って気持ちが作品の枠からはみ出すぐらい出てて刺さりました。素敵でした。


WREIKO
コンテストに対する熱い気持ちがとても伝わりました。二人ならではの空間を持っているので、もっと自分たちワールドをこれからダンスとしてももっと作り出せそうな二人だと思いました。フロアを更にクリアに見せれると更に良くなると思います。


RISA
彼女達の気持ちが踊りに強く現れていて、溢れる感情がこちらまで届いてきて、とても感動しました。人の心に届く踊りが出来る事を自信にして欲しいなと思います。衣装も似合っていてよかったです。


Omichi
1人1人のスキル、高いレベルでの揃えは他のチームを圧倒していました。

 


AFULLOBO (FREESTYLE/群馬)

NABETA
終盤の失速感が少しもったいないなと思いましたが、前半~中盤にかけてはとても良かったです。


WREIKO
クリアでキレもあり、とても見やすく素敵でした。更に呼吸がダンスの中にあると。尚曲との一体感を出せると思います。


RISA
楽曲の世界観を彼女達なりに作品にしていました。隙なく詰め込み最後まで踊りきっていましたが、楽曲のみを聞いた時にはもっと力が抜ける感覚にもなると思うので、深呼吸をするような、深く感じる部分があっても良いかと思いました。


Omichi
抜群に揃ったフリがとても良かったです。

 


詩桜花 (JAZZ FREE/大阪)

NABETA
音楽の感じ方が少しもったいないかなと思いましたが、気持ちとスキルで上手くカバーできていたと思います。


WREIKO
衣装も個性的で二人のキャラクターがとても生かされていました。JAZZだからこそもっと背中の動きを意識すれば攻めるダンスをも美しさや立体感が伝わると思います。


RISA
作品の中に斬新さも見え、スキルも安定していました。まとまりもあり見やすかったです。


Omichi
ダンスから感情が滲み出ていました。素直にカッコよかったです。

 

 

===JUDGE===
NABETA, WREIKO, RISA, Omichi

NABETA
上手い子が多くて全体通して一定レベル以上のチームがほとんどだったと思います。ただ、気持ちをフルアウトしてるチームが少なかったなとゆうのが正直な印象です。ダンススキルも音楽の感じ方や捉え方も引き出しが広く水準も高いけど、その引き出しの広さや水準の高さに重きを置きすぎなんじゃないかなと。一定レベル以上のスキルは持ってるのは確かなのでそこに自信を持ってもっと気持ちを外に出した踊りが出来ると観てる人達や会場も盛り上がると思いますし、なにかしらの爪痕を残す事にもなるんじゃないかと思います。そういった事を踏まえて「気持ちが伝わる」ってゆうのが僕の中では1つ大きなポイントでした。あとLOCKやPOPが少なかったのがちょっと寂しかったので、カッコいいじゃん!やりたい!て思ってもらえるように僕ももっと頑張らないとなと思いました。入賞以外では「G-IZM」はパッションもあって個々の個性も出せていて場の空気をガラッと変えた感もあって僕の中ではかなり高評価でした。「Hi-step girls」はnew jack swing特有のノリや雑味みたいなところが良かったです。あとひと押しでした。


WREIKO
まとまりのあるチームがとても多かったです。なによりもチームワークの大事さを改めて感じました。めげずに挑戦し続けるチームの熱いダンスには鳥肌が立つほど心打たれましたね。入賞以外では「Newhype3」は、攻めてる二人のダンスがコンテスト!って感じで私は好きでした。


RISA
高校生という難しい年代ですが、高校生らしいパフォーマンスが多くみられたと思います。中学生の部よりも、それぞれのチームに自分達の意志があるように感じました。その中で、踊りから強い意志を感じたチームは素直に心が動き、とても感動しました。パフォーマンスの中では、次が予測できる事がとても多かった気がします。曲構成とか振り付けとか、、あとは一つひとつの深さや重さから見える説得力みたいなものがあるといいなと思います。入賞以外では「DidiO」は、選曲や楽曲の流れから、作品に対してのこだわりを感じました。もっと自分達にしか出来ないアプローチがあると良いと思いました。


Omichi
予選最後の大会ということもあり、気持ちが強く出たチームが多く、見ていて気持ちよかったです。ただ、全体的に3分が長く感じるチームが多く、良い印象を残せてないチームも少なくなかったです。構成の流れやフリのバランス、強弱をより意識すればもっと良くなるんじゃないかなと思いました。また上がったチームと上がれなかったチームの大きな差は、勝つための追求がどれだけできたかどうか、というところだと感じました。入賞以外では「plush」はシンプルながらも良質なフリでカッコいいと思いました。「ANKAN」の中盤のピアノでの揃えはとても印象に残ってます。「Hi-step girls」はもう一息なにかあれば、という感じでしたがバランスが良く、カッコよかったです。

一覧にもどる