MENU

DANCE DELIGHT WEB SITE - 日本最大級のストリートダンスコンテスト「JAPAN DANCE DELIGHT」など多数のダンスイベントを運営するストリートダンスプロモーションカンパニー株式会社ADHIPの公式サイト

DANCE DELIGHT WEB SITE

EVENT REPORT

イベントレポート

TRUE SKOOL VOL.245

2018.04.08 UPDATE
イベント日程 2018/04/08  13:00-19:00
イベント会場CONPASS

一般の部42組、ジュニアの部21組がエントリーした
“TRUE SKOOL VOL.245”
一般の部優勝は京都のFREESTYLEチーム “Gemma”
ジュニアの部優勝は大阪のFREESTYLEチーム “Cherry”

 

 


===一般の部===
▼WINNER
Gemma (FREESTYLE/京都)

MUSASHI
音楽の枠を超えた踊りで鳥肌が立ちました。かなり魅せられました。



難解に思われる音楽でしたが、それに対してナチュラルなアプローチで、2人踊りがストレートに伝わりました。随所に見られる技術は質が高く、説得力もありました。良い音、ダンスでした。


TACCHAN
選曲、雰囲気はストリートダンスから見ると難しく見えますが、やってる事は伝わりやすかったです。音に対して向き合おうとする姿勢が伝わりました。


YUTA SAKANO
難しい表現に感じましたが、この日の流れの中で異質な世界観と、凄味を1番感じました。かっこよかったです。

 

▼2nd PLACE
みかんじ (WAACKING/京都)

MUSASHI
ソロがイケてました。空気感がよかったです。



この日の会場の空気を掴んでました。男性の方がとてもブ、、、とても個性的で、女性の方の色っぽさとパッション。自分達のキャラを理解している。それに伴ってダンス力もとても高い。テンション上げられました。


TACCHAN
笑顔で見れました。素直に良いなと感じました。1番印象的でした。ダンスの楽しさ、気持ち良さが素直に出てるように見えました。自分には無い部分を持っている2人だったので魅力的に感じました。良かったです。


YUTA SAKANO
キャラが立ってて良かったです。序盤に出てきたのに、全体を通して1番印象に残ってます。

 

▼3rd PLACE
SWAGGERZ (HIP HOP/大阪)

MUSASHI
自分は1位を付けさせていただきました。最後まで途切れない集中力と見ていて気持ちの良いくらいの出し切った攻めはかなり好きでした。



攻めの姿勢、気持ちが凄く伝わりました。いつのまにか引き込まれてました。1番かっこよかったです。もう一つ何か個性が出れば今よりもっと上を目指せると思います


TACCHAN
ひとつひとつの動きに重さがあって、踊りからパワーと気迫が伝わってきました。質を落とさずに踊り切る集中力、フィジカルも凄かったです。


YUTA SAKANO
スキルバランスが良く、チーム感があり単純にかっこよかったです。

 

 

===ジュニアの部===
▼WINNER
Cherry (FREESTYLE/大阪)

MUSASHI
3人の空気感、自信に溢れた踊り素晴らしかったです。



チームカラーがしっかりしていて、3人のバランス、テクニック、展開も素晴らしく、堂々の一位です。僕もこういうダンスしたいです。


TACCHAN
振り付け、選曲などセンスが良いなと感じました。スキルも高いのでしっかり作品を踊りこなせてたと思います。3人のバランスも良かったです。


YUTA SAKANO
スキル、構成、1番印象的でした。見せ方にとてもセンスを感じました。

 

▼2nd PLACE
きずなな (FREESTYLE/兵庫)

MUSASHI
最後まで集中力が切れずに良い踊りでした。



飽きさせない展開と、構成。うわ音だけを拾うのではなく、ビートの質感や強弱がついていて、とても素敵なショーでした。


TACCHAN
好きな作品でした。前半が特にカッコ良かったですね。2人の息の合ってる感じも良かったです。僕は1位でした。


YUTA SAKANO
シンクロ度が高く選曲も良かったです。
 

 

▼3rd PLACE
tip-top (HIP HOP/沖縄)

MUSASHI
前半のソロがカッコよかったです。3人がもっと高め合って踊ればもっと良くなると思います。



ダンスに厚みを感じました。ソロもそれぞれがしっかりとかましてて、かっこよかったです。踊りは1番好きでした!ただ僕は終わり方がよくわからなかったので、人によって違ったり伝え方次第かなと思いますが。時間をもっと上手く使えるといいのかなー


TACCHAN
ソロもしっかり見える構成で良かったです。1人1人のダンスがとても印象的でした。しっかり沖縄をレペゼン出来ていたと思います。


YUTA SAKANO
個々がうまくて、「格好良さ」を感じました。ソロが多かったのも好印象でした。

 

 

===JUDGE'S COMMENT===
MUSASHI, 塁, TACCHAN, YUTA SAKANO

===一般の部===

MUSASHI
全体的に良い踊り、良いフィーリングで踊るチームやソロの方が多く、自分はかなり迷いました。その中でも、自分達のこだわりや自分にしかないクセの部分が全体的に良いバランスで踊り切れてるチームやソロの方々、あとは舞台上でのちょっとした仕草や表情など、振り付けじゃない部分でかっこいい方々や心から音楽やダンスが好きなのが伝わってきた方々に高く点数を付けさせていだたきました。入賞以外では「jumelfeeL」は感動しました。ただ2人の感情が合っていればもっと良くなると思いました。「StepWise」は見たいポイントや構成もしっかりしていて自分的には上位でした。「ジョッカル」は後半までは凄くよかったです。後半のバテが勿体無かったです。「NEO」は衣装、選曲ともによかったです。もう1つ自分達のなりの攻めた部分があればもっと良くなると思いました。「JEEK」は雰囲気、仕草、踊り、さすがの一言です。



自分達のダンスを理解し、表現したい事、ショーのコンセプト、音楽との向き合い方、それらを明確に持っている人、チームは、厚みを感じて自然と高評価になっていました。自分を理解し、それを追求し続けてる人はかっこいいです。説得力あります。客観的に自分達の踊りを見てみてください。伝える事は難しいです。普段からどれだけ深くダンスと向き合っているか、そういう面もコンテストに影響が出てくるのかもしれません。今回良いチームが多く、その中で決め手を持ってるチーム。その決め手を自分達で解っているチームが上位に入っていました。これで勝負するんや!って伝わりました。僕の評価では「StepWise」が総合1位でした。とてもスキルフルでグルーヴのあるステップ。housedanceをショーの中で表現していたと思います。ソロダンサーでは「Nao」さんの人間味を感じる表現に引き込まれました。「Ryuichi&Daiki」はかっこよかったです。雰囲気出てました。「JEEK」は流石のダンス力でとても素敵でした。踊りの深さに震えました。その他個人的に印象的なところは「jumelfeeL」「LOTUS」「Monju」「Baharadia」「MACoOSSA」「Variis」「NEO」「Let loose」です。もう一つ武器があれば、、って感じました。


TACCHAN
それぞれのジャンルやスタイルのこだわりや価値観があると思います。コンテストなのでダンスの見方や評価の付け方も色々あると思うんですが、今回、僕はあまり詮索せずに単純に「良い」「好き」と思った方々が高得点になりました。一般の部の方はそれぞれが自分のダンス観を持ってやっていると思うので、普段思っている事をストレートに出すのが1番だと思いました。結果はタイミングもあると思います。今回、色々なダンスを見れて、僕自身も色々思った事があったので、今後のダンスで出したいと思います。入賞以外では「Ryuichi&Daiki」は僕は高得点でした。HIPHOPのショウダンスじゃない普段の部分もカッコ良く出てたと思います。「jumelfeeL」は伸びやかなダンスが印象的でした。良かったです。「MINOH DANCE ALUMNI+高木先生」は男性5人で迫力があり、気迫も感じました。王道な見せ方で良かったです。「JEEK」はさりげないシルエットにキャリアを感じました。後、ソロダンサー達はみんな良かったです。それぞれのダンス観がしっかり踊りに反映されていたと思います。


YUTA SAKANO
レベルが高いなと感じました。スキルだけでなくプラスアルファの部分が見えたチームが特に印象に残ってるのですが、断トツっていうチームがなくて、順位をつけるのにすんごい悩みました。入賞以外では「jumelfeel」は気持ちいいくらい2人の踊りがリンクしていてすごく印象的でした。自分自身にとって新しい感覚でした。「ジョッカル」は作品力が高いので完成度が上がれば入賞してもおかしくないなと思いました。「LOTUS」は春っぽくて気持ち良かったです、「JEEK」はさすがのダンス力で個人的には1位と同じ点数でした。
ソロダンサーは、いっぱいいて楽しかったです。「まっちゃん」、「high-G」は全然気負ってなく、ナチュラルそのもので良かったです。

 

===ジュニアの部===


MUSASHI
一般とは違ってスキルフルな子達が多くて見ていて飽きませんでした。ただスキルを詰め込みすぎていて雑になってしまう部分が目立ちました。逆にシンプルな動きの中でしっかりと音の質を捉え振り付けの枠を超えたチーム、ソロの方々の高い点数を付けさせていただきました。入賞以外では「SARA'n'HINA」良かったです。個人的にかなり点数は高かったです。「MASH UP FUNK」の行き切ったあの感じは良かったです。「jumble buggy collection」はもう少しパワーがあればとは思いましたがリズムも見えて全体的に良かったです。

 


素直にダンスを楽しんで踊ってる人が多かったです。ただ、コンテストという点で観ている人に想いを伝えようとしている人が少ないような気がしました。自分達の好きなダンスを僕たちに教えてください!難しいかもしれないけど、自分達の踊りの良い所を周りな負けないくらいもっと伸ばしていってください!入賞以外では「愛美花」は僕は上位に付けてました。感性と閃きが魅力的でした。音楽の色も理解しているように見えました。「Ragazzi-Ragazza」は内容がしっかりしていて、観てて面白かったです!イケてました。「jumble buggy collection」は、若いのにそのスタイルが好きなんだなーて感じでした。僕も好きです。あとは自分なりに崩していくと面白いかもしれません!他に印象的だったとこは「Beatnuts」「たくみ」「松竹梅」「TWO DOGS」です!

 

TACCHAN
ジュニアの部という事でなかなか自立したダンサーは少ないのかもしれませんが、スキルが高いチームが多く、これだけのチームがこの年齢でしっかり形になってるのは凄いなと改めて思いました。普段から一生懸命ダンスに取り組んでいる事も伝わって来ました。後はダンスに対してはもっとワガママにやってもいいのかなと思います。その点ではソロダンサー達が面白い子が多くて楽しかったです。入賞以外では「いくめ」ちゃんは僕は高得点でした。やりたい事が明確で伝わりました。「SARA'n'HINA」は身体の使い方、表現力が良かったです。上手でした。「@oS←」君の独特なダンスが好きでした。キャラクターも良かったです。「MASH UP FUNK」は僕はかなり高得点でした。作品の中にそれぞれのキャラクターを押し出していて伝わりやすかったです。男子ならではのハチャメチャ感も楽しかったです。「TWO DOGS」は選曲、振りの付け方が面白かったです。

 

YUTA SAKANO
一般の部にくらべると、差がハッキリしてたかなと感じました。小学生低学年と高学年から中学生で、それぞれの「良さ」が違うので、そこは審査が難しかったです。小学生の荒削りだけどなんか心を打つ踊りと、中学生の大人顔負けの踊りといろいろ見れて楽しかったです。入賞以外では「PLANTS」は肩の力が抜けててめっちゃスッと入ってきました。個人的には入賞圏内でした。「Ragazzi-Ragazza」も良かったです。

一覧にもどる