MENU

DANCE DELIGHT WEB SITE - 日本最大級のストリートダンスコンテスト「JAPAN DANCE DELIGHT」など多数のダンスイベントを運営するストリートダンスプロモーションカンパニー株式会社ADHIPの公式サイト

DANCE DELIGHT WEB SITE

EVENT REPORT

イベントレポート

U-18 Be.b-boy

2018.03.31 UPDATE
イベント日程 2018/03/31  12:00-18:00
イベント会場OCATポンテ広場

CREW BATTLEに9チーム
SOLO BATTLEに44人が参戦した
"U-18 Be.b-boy"
CREW BATTLE優勝は "Next Generation"
SOLO BATTLE優勝は "RIKU"

 


===CREW BATTLE===
▼WINNER
Next Generation (大阪)

 

▼2nd PLACE
NEVER ENOUGH (岡山・熊本・石川・大阪・東京・沖縄)

 

▼BEST4
AMAZE (大阪)


O.K.Y.M kidz (岡山)

 

▼BEST8
Def-4 (岐阜・福井・石川)
Acro-Bad Girlz (愛知・埼玉)
エグチエッグ (愛知)
バッタ兄弟 (大阪)


===SOLO BATTLE===
▼WINNER
RIKU (岡山)

 

▼2nd PLACE
Haruto (石川)

 

▼BEST4
HIRO10 (石川)


たけ (大阪)

 

▼BEST8
ISSIN (岡山)
so-ta late (大阪)
FUMA (熊本)
Mikado (福島)

▼BEST16
Momone (埼玉)
LANDALL (岡山)
あやね (愛知)
RIN (大阪)
MOTOYA (大阪)
獅童 (福井)
WATARU (兵庫)
YUICHIRO (岡山)


▼JUDGE'S COMMENT
Hi-hat, NARUMI, YouYA

===CREW BATTLE===


Hi-hat
チームバトルはムーブももちろん見ましたが、何よりチーム感が強いなと思う方にあげさせて頂きました。決勝は個性と個性のぶつかり合いで凄く見ていて興奮するバトルでしたね。クルーバトルで印象的だったのは「Next Generation」の「yoo」です。難易度の高いパワーをしながら常に相手を意識していてとても良かったです。


NARUMI
U18でオリジナルクルーがある方が少ないとは思うんですが、既にチームがある子にとっては1つの目標になると思うし、これをきっかけにチームを組んだりする子が増えればいいなと思いました。バトルに関してですが、クルーバトル慣れしてないなと思いました。集中力や精神力が10分以上保ってる人が少なかったです。それと、個々のバトル経験値がチーム力にモロにでてました。当たり前ですけど、みんなの経験値があがればもっと良い雰囲気になると思います。経験値と言ってもある程度バトルにでる回数を重ねたら、ただバトルに出るだけじゃなくて目的を持って出る方が意味があると思います。みんな未成年でまだ親御さんの協力がないと動けないのが事実。その中でこれだけ色んな子達が知り合いになれたり、一緒にバトルにでれたり出来てることが凄いなと思いました。過ごす時間が物凄く大切だけど、限られた時間の中でも高め合えることがあると思います。決勝は最初は両チームとも勢いがあったんですが、中盤から終盤にかけてソロ、ルーティーン、チームの雰囲気、全ての底力に差がでたなと感じました。


YouYA
U18チームバトルが珍しい事もあり、まずどのチームも"楽しんでたな!"っという印象です!普段ソロでは見ることが多い子達もチームバトルの方がリラックスして踊ってました。もちろん技術のあるチームが勝ち上がってましたが、ちゃんとルーティンを用意してるチームも多く、このままチームとして頑張ってほしいと思いました。決勝は両チームとも個人の技術や実力は素晴らしかったのですが、「NEVER ENOUGH」の方がソロのネタが尽きてたように感じました。ルーティンも両チーム出してましたが、これも「NEVER ENOUGH」の方がクオリティーが低く、ルーティンのミスを引きずったままのソロになってました。ただ、まだまだ若いチームなので、これからチーム力やルーティン力に期待したいです。「Next Generation」は決勝だけでなく、どのバトルでもソロ、ルーティンともに安定しており、チーム感も1番ありました!このバトルにかけてるんだなと思えたチームでした。印象的だったのは「HIRO10」と「TSUKKI」がパワーの面ではダントツで良かったです!これだけ出来てる中で今後がどうなっていくのか楽しみです!

 

 

===SOLO BATTLE===


Hi-hat
ベスト16に上がった人達は超ハイスキルや、オリジナリティ、個性を持っていて言うことなしだったので、現場の空気感などでジャッジしたバトルも沢山ありました。決勝戦はお互いのスタイルのぶつかり合いで凄く感動しました。ベスト4で行われた「Haruto」vs「HIRO10」ですね。同じ北陸のbboy同士のバトルで見ていてアツさが凄く伝わって来ました。


NARUMI
全体的なレベルは高くて高校生世代、中学生世代を全国的に引っ張ってる子が集まってました。当たり前ですが、予選でピックアップされるのが一番難しいと思うのでたくさん経験値を積んで自分の良いところを100%に近い状態でだして欲しいです。トーナメントに入ってからはそれぞれの良さが両方ともでていてジャッジが難しいバトルが多かったです。この年代は成長期で3歳差だけで体型にも大きく差がでます。技術面は筋肉量など年齢と共に焦らず進化させていって、技術面以外の良さがそのまま自分の個性に繋がる様に色んなことを吸収していって欲しいです。決勝は僅差ですごく悩みました。「HARUTO」は個性的でノッてて良かったんですが、「RIKU」のバトルAttitude、ボディコントロールと基礎力のちょっとした高さを評価しました。他、印象的だったのは「HIRO10」のパワームーブがダイナミックになってて凄くかっこよかったです。


YouYA
予選では結構良いムーブをしてる子が多かったのですが、ちょっと内容が弱いかな!っと思う子が多かったです。top16に上がった子達も、top16のバトルで急に質が落ちたり、ミスが多いのが目立ちました。僕は昔出てた時に、U18のソロでは絶対負けん!っと思い結構かけてたバトルだったので、そういった子がいない感じにみえたのが残念でした。今は色んなバトルがあるのは分かるのですが、このイベントに懸ける!的なのがあってもいいと思いました。決勝は2人とも気持ちが入ってる踊りで見てて決勝にふさわしいバトルでした。まず、「RIKU」ですが、2ムーブとも気持ちで押し切って、いいムーブをしてました。ただ、僕的にはもっとスキルの部分が見たかった!っと言うのが正直な印象です。決勝までに使い過ぎたのか、決勝のムーブが少し弱く見えたのが残念でした。「Haruto」は1ムーブ目が特に良かったです。自分のスタイルを見せつつアドリブもあり、引き込まれました。2ムーブ目は少しミスもあったように見えましたが、リカバリーも悪くなく、僕は「Haruto」に上げました。あと印象的だったのは、予選だったと思うのですが、Aトラを高速でまわり、そのままフリーズまでいってた女の子はすごいなー!っと思いました!女の子であれだけのスピードは驚きましたね!あと、「タケ」がすごく良かったです!音の取り方が上手く、キャラクターもあり、たまにするスキルも質が良くて、いい感じでした!

一覧にもどる