MENU

DANCE DELIGHT WEB SITE - 日本最大級のストリートダンスコンテスト「JAPAN DANCE DELIGHT」など多数のダンスイベントを運営するストリートダンスプロモーションカンパニー株式会社ADHIPの公式サイト

DANCE DELIGHT WEB SITE

EVENT REPORT

イベントレポート

Hook up!! WAACKING

2018.09.22 UPDATE
イベント日程 2018/09/21  23:30-5:00
イベント会場JANUS

73名が参戦した
"Hook up!! WAACKING"
優勝はレペゼン東京
JUNKOO FESTIVALを炸裂させた
"JUNKOO"

 


▼WINNER
JUNKOO (東京・高知)

 

▼2nd PLACE
おかよ (大阪)

 

▼BEST4
小幸 (東京)


MIKI (大阪)

 

▼BEST8
ひかりんご (兵庫)
MITO (広島)
Ku-ni (大阪)
果実 (岡山)

 

▼BEST24
Maki (大阪)
RIKA (岡山)
ヒデト (愛知)
Tomokazu (長崎・大阪)
Nao (滋賀)
NagaCOBRA (三重)
YuriAle (大阪・東京)
aachan (徳島)
hirokoboogie (大阪)
NANAKA (大阪)
UZI (大阪)
Lili→ (和歌山)
chika (岐阜・東京)
SAKI (大阪)
Cho (KOREA)
佳代子 (愛知)

 

▼JUDGE
asami, Ta-Bo-, KOI

asami
予選は時間のコントロールや、この日までの心持ちがキーポイントだったなと感じました。まさにゲーム感覚で冷静と情熱の間を駆け抜けた方々に心を奪われたました。あと、(クーニーさんやミキさんがいらしたサークル何サークルでしたっけ、、?)のサークルが先輩かます!若手も負けじとかます!あの空間最高でした!若手の皆さん、めっちゃ引き出されてました!2次予選に上がられた方々はみんないい踊りをされてた印象だったので、2次予選でこそバトルならではの即興力で波を掴めてた方々を私は選ばせて頂きました。トーナメントで印象的だったのは、私は「クーニー」さんの強烈なグルーブが夢に出てきそうなくらい忘れられません!笑 ベスト8バトルの「小幸」さんのステップの間も、ジャッジ中何度もクゥー!ってなりました。印象的だったバトルは「MIKI」さんvs「JUNKOO」さんです。あのバトルを目の当たりに出来た私は幸せです。決勝戦は、人や空間をどんどん染め上げていく「JUNKOO」さんの加速力は圧巻でした。予選から通しても「JUNKOO」さんのモチベーションの階段の駆け上がり方は改めて凄かったです。真逆に自分の世界とペースをあの決勝で保ち続ける「おかよ」ちゃんの集中力には脱帽でした。最後までカッコよかった!2人とも本当に素晴らしいく、WAACK最高!って思えました。ありがとうございました。


Ta-Bo-
予選は、たくさん新しい人、ダンスを見れました。自分の世界観を持ってる人は素敵でしたね。選ぶ順番が変わるので凄く難しかったです!でも、僕はいいなぁと思った人を選びました!選ばれるであろう人が上がらなかったりしたのがビックリしましたが、これもバトルですね。トーナメントで一番印象的だったのは「MIKI」vs「JUNKOO」でしょうか。お互い譲らない自分のダンス!素敵なダンスバトルでした。決勝は「JUNKOO」の世界観には勝てないですね!「おかよ」も言ってましたが(笑)!「おかよ」も凄くカッコ良かったです!より音楽にアプローチしてるか、自分のリズムで踊ってるかですね…とにかく楽しいイベントでした!


KOI
その人それぞれのライフが色濃く出たおもしろい予選でした。我を知り個性溢れるカテゴリーの枠をぶち抜いているカッコいいダンサー、ぶっちぎって今この瞬間を楽しんで遊んでいるダンサーの踊りと出してるエネルギーの気持ち良さがやはり今も色濃く私の心に残っています。審査は難しいです。ジャッジも三人三様、私的に好きかどうか、見て気持ちいいか気持ちよくないか、だけでジャッジしてたら結果はまた違うものになっていたのかもしれません。トーナメントにあがらなかった子の中にも本当に素晴らしいダンサーがいてましたね。予選が終わった頃には既に私の心はズタボロでした。私的にこの日のブッチギリは「ku-ni」さんだったのですが、幼馴染の様な身内の兄に私があえてあげなくてもジャッジは3人いらっしゃるし優勝するかな、と思ってたんですがダメでした(笑)。ごめんなさい(笑)。あと、「おかよ」の眉毛が濃ゆくて太かったです。眉毛の濃ゆさにおかよのこの日への意気込みを感じました。とてもかっこよかったです。経験値と想いのデカさ勝ちのようなトーナメントの流れでしたが、「JUNKOO」のパフォーマンス力は間近で見ると更に凄まじかったです!「JUNKOO」が踊ると会場の空気がグッと上昇するのを感じました。素晴らしいです。決勝の2人は個人的にも好きで、本当におもしろい2人で、人の心を掴み優勝を勝ち取るには日々どう生きているか、street lifeへの愛を体現してくれた決勝戦でした。JUNKOOムーブ中のマシーンさんの笑顔が頭から離れません(笑)。
 

一覧にもどる