MENU

DANCE DELIGHT WEB SITE - 日本最大級のストリートダンスコンテスト「JAPAN DANCE DELIGHT」など多数のダンスイベントを運営するストリートダンスプロモーションカンパニー株式会社ADHIPの公式サイト

DANCE DELIGHT WEB SITE

EVENT REPORT

イベントレポート

Be.b-boy 20th Anniversary BREAKING 3vs3 BATTLE

2018.09.02 UPDATE
イベント日程 2018/09/02  12:00-21:00
イベント会場江坂CAT HALL

50チームがエントリーした
"Be.b-boy 20th Anniversary BREAKING 3vs3 BATTLE"
優勝はバトルゲスト
"WASEDA BREAKERS"

 


▼WINNER
WASEDA BREAKERS (Jack/AZUMA the Bazooka/Matt Action)

 

▼2nd PLACE
Nine States Bboyz (KYOHEI2/AYUMU/AKIRA)

 

▼BEST4
GSB水春 (RICHIGI/KEIN/Maechon)


Bitch, don’t kill my vibe (Hibiki/Peeta/Zukki)

 

▼BEST8
F**kin Heroes(m0nm0i/KENT/HAYATO1)
一撃(SIN/PRINCE/NON-MAN)
ICHIGEKI(KJ/TATCHYN/LEMON SQUASH)
gunsmokebreakers(yosh/freeza/kamenashi)

 

▼BEST16
HEROES(RYOMA/PIYO/SHOYA)
今日はエアチェアします。(いっちー/koguma/Ryoho)
GSB x TRK(Goshi/YouYA/tadashi)
gsb young(Issa/Ten/Hiro10)
Onton&KONATSU&Yuta Worldz
AIR REAL(WU-TAN/SHIE-CHAN/Lilryo)
秘密結社(yoo/so-ta late/KATSUKI)
Back to the basics (Babylon/Feet/Echang)

 

▼JUDGE
MACHINE, KAZUHIRO, KOSSY

KOSSY
幅広い世代が参加し、ゲストバトラーが期待に応えてくる感じや、DJによる懐かしい選曲でお祭り的に盛り上がってました!最後まで楽しんでいる人が多かったように思います。熱さが力になる時、熱さによって見失う時、抜きが映える時と悪く見える時、色々なスタイルをがありますが、絶妙なとこ突いてくるバランス感覚のある人がカッコ良かったです!決勝は、トータルで「WASEDA BREAKERS」が勝ったと思いましたが、ドラマを作ったのは「ayumu(Nine States Bboyz)」の2ムーブ目でした。そこで一気にボルテージ上がった気がします。かまし合いのいい決勝戦でした!印象的だったバトルは決勝と、「ICHIGEKI」vs「AIR REAL」「一撃」vs「gsb young」、他にも良いバトル多かったです!


MACHINE
バトルゲストが4組、しかも普段なかなか見れない、出ない連中達だっただけにエッセンスが効きまくっていましたね。特に「一撃」は当時のままのメンバーでまさに死力を尽くしたバトルを見せてくれたのがとてもよかったです。最終的にはバトルゲスト同士の決勝でしたが決勝が一番盛り上がったのがこの1日がいかに充実していたかを物語っていると言えるでしょう。ハドルゲスト以外では若手の台頭が目立ちましたね。特にGun Smoke Breakers系は4組がBEST16に上がるという異常な強さを見せていて現在関西シーンの勢力図を見た感じがします。決勝戦は、まさに5分5分でとても難しい判定だったのでもう1ラウンドやって欲しかったというのが正直な感想でした。まあそれくらい素晴らしい決勝バトルだったということです。そんな中僕は100対99で「Nine States Bboyz」の勝ちとしました。すごく噛み合ったバトルでしたが「Nine States Bboyz」の「アユム」「キョーヘイ2」が素晴らしいバランスで踊りきっていて隙がなかったです。「WASEDA BREAKERS」は超イルなパワームーバー「Azuma」を中心に波状攻撃を仕掛けましたが、雑な部分もあってわずかな隙が見える部分がありましたね。印象的だった個人はなんと言っても「WASEDA BREAKERS」の「Azuma」がこの日のMVPでしたね。超クオリティーの高いパワームーヴの合間に織り込むイルなムーヴ、フリーズが圧巻でした。「Nine States Bboyz」の「アユム」はトップロックはもちろん色んなジャンルのステップも自由に踊りこなすダンス力があった上で、美しすぎるフットワーク、ハイクオリティーなパワームーヴコンボまでなんでもこなすまさにスーパーオールマイティーB-boyで惚れました。「キョーヘイ2」の体幹の強さから紡がれるムーヴは何をやっても惚れ惚れしましたね。そしてなんと言っても「一撃」。Be.b-boy初期に大活躍していたこの3人が再び結集してバトルするだけでも奇跡なのに、必死にバトルしている姿は彼らを知らない世代にまで感動を与えたと思います。


KAZUHIRO
好バトルが沢山あり、久しぶりに悩んだjudgeでした。ベスト8に勝ち上がったcrewは皆んな凄かったけど、WASEDAと9STATESの2チームが特に際立ってましたね。そして、DJ TEE&TOGASHIのBATTLEアンセムの歴史を辿るような選曲も、今日に相応しくて流石でした。決勝は「WASEDA BREAKERS」の若手「Azuma」と「MattAction」は超フレッシュでしたね。「Azuma」のオリジナリティーなパワームーヴとキャラは毎回見るのが楽しみだったし、「MattAction」の身体能力と音のフローに乗ったムーブは、見てて気持ち良かったです。特記すべきは「Jack」さん。Jackさんは同世代で2000年前後に活躍した日本を代表するBBOYの1人なんですけど、今も変わらずオリジナリティーなムーブを追求してて、未だにバトルに出続けていてる姿に感動しました。リスペクト!準優勝の「Nine States Bboyz」も負けじと曲のフローを感じつつ独自のノリ方でムーブを落とし込んでいました。「Kyohei2」の出てきたら必ずカマす安定感は凄かったですね。「Akira Sky」の多彩なパワーからのフリーズのコンビネーションも良くて、そして決勝の後半に繰り出した「Ayumu」のムーブはこの日のMVPムーブだったと思います。僕的には後半の「Nine States Bboyz」の巻き返しも素晴らしかったのですが、それ以上に前半からカマしていたと感じた「WASEDA BREAKERS」に僅差ですが手を挙げさせてもらいました。ナイスバトルでした。

 

一覧にもどる