MENU

DANCE DELIGHT WEB SITE - 日本最大級のストリートダンスコンテスト「JAPAN DANCE DELIGHT」など多数のダンスイベントを運営するストリートダンスプロモーションカンパニー株式会社ADHIPの公式サイト

DANCE DELIGHT WEB SITE

EVENT REPORT

イベントレポート

DANCE ATTACK!! 西日本大会高校生の部

2018.07.24 UPDATE
イベント日程 2018/07/24  12:00-18:00
イベント会場江坂CAT HALL

49チームが出場した
"DANCE ATTACK!! 西日本大会高校生の部"
7組が決勝進出を決めた!

 

 

===FINALISTS===
ケンケンさくさく (LOCKING/大阪・兵庫)

マスヨシ
シンプルに1番気持ちよく楽しそうに踊ってましたね。それってコンテストで1番難しい気がします。

 

MIKIHO
どのチームよりも、このステージを遊んで楽しんでるように見えました。その上とても上手いので、かっこいいなぁ!と素直に感じました!

 

ASA
シンプルにダンスが上手!!作品の流れ、2人のチーム感、自分たちの見せ方をわかり尽くしていましたね。最高でした!

 

WAZA
貫禄を感じました。ナチュラルで流れもスムーズ、遊び心のセンスもバッチリでした。

 


NEXT GENERATION (BREAKING/大阪)

マスヨシ
欠点無視の尖まくりで欠点をカバーするにはデカ過ぎる風呂敷で花火の連発。その花火のレベルがまた凄い。お祭りです。やっぱり凄いって言葉が似合うチームですね。

MIKIHO
前半は頼りない感じがありましたが、後半の勢いと追い込みが素晴らしかったです!

ASA
b-boyいいですね!!勢いありました!特に後半にかけて徐々に上がっていったのでよかったです。ただ決勝までに立ち踊りをもっと極めてもいいかなと、、、!

WAZA
その大技やってしまうのかー!っていうサプライズ感が良かったですね。立ちもカッコ良ければ更に良くなると思います。
 

 


Charlie Brown (HIP HOP/大阪)

マスヨシ
チームメイトの好きなものが揃ってるんですかね。踊りは揃ってないけど気持ちが揃ってる。なんならチームメイトより目立ちたい。その気持ちすら揃ってる感じ。気持ち良くて狙い所も見やすかったです。コンテストの空気を1番最初に変えたチームでコンテストが終わっても印象に残ってました。

 

MIKIHO
かっこよかったです!かなり早めの出番でしたが、ラストまでずっと心を捕まれていたチームでした。全身黒の方が、袖に近づくと袖幕の黒と同化して見えにくくなっているのが気になりました。

 

ASA
もうめちゃくちゃかっこいい!個人的に大好きです。かっこいい以外の言葉が見つかりません。笑今後がすごく楽しみなチームですね。本当に良かったです!

 

WAZA
高校生ながら空気の作り方やスキルが素晴らしくて、普段の遊び心がダイレクトに伝わる、とりあえずカッコいい作品でした。

 


Ugly (HOUSE/大阪)

マスヨシ
上手いですね。難しいステップも涼しい顔して踏めてて安定感で言うと1番あったチームだと思います。だからこそもっとオリジナリティのある波が欲しいとも思ったり。

 

MIKIHO
ナチュラルさと攻めの感じがバランスよく、勢いもあってとても良かったです!衣装にこだわれるともっと良いのでは?と感じました。

 

ASA
強すぎず弱すぎず、いい意味で何か余裕のあるような、、構成の見せ方がすごくナチュラルで見やすかったですね。衣装もシンプルな感じが4人の感じを引き出せていて良かったです。

 

WAZA
展開や構成の見せ方がクリアでクオリティが高かったと思います。もうちょっと大人の襟足を出してもいいかと思いました。

 


Nuzzle (JAZZ/大阪)

マスヨシ
JAZZの出場チームがたくさんあった中でも1番芸術的でしたね。「作品」って言葉がしっくりきます。

 

MIKIHO
体の効き方も素晴らしいですし、それをうまく使えてて、ただ技をするだけでは無くちゃんとダンスに繋がってるのが良かったです。もっと世界観や間を魅せれると更に素晴らしいと思います。

 

ASA
たくさんあったJAZZチームの中で飛び抜けていたのではないでしょうか。3人の1番いい魅せ方を3分であんなにも表現できるんだなと。素敵な作品でした。

 

WAZA
作品のクオリティとスキルが圧巻でした。まるでアートを見ているようでした。
 

 


2Crank (FREESTYLE/大阪)

マスヨシ
抜きがカッコいい。抜きがカッコ良過ぎて沸点で沸きにくい。むちゃくちゃ考えて作ったのが見えますね。シンプルに良いと試行錯誤して練り上げた良さがぶつかったのかなと。掛け算にできるようになれば個人個人スキルも個性もあるので化けるでしょうね。

 

MIKIHO
オシャレでエンターテイメントで素敵でした。2人のダンス感をもっと深めていって欲しいなと感じました。

 

ASA
大人でも中々出せない雰囲気をさらっと魅せていたお2人。本当に高校生なのか、、、と思いながら見入ってました。すごく素敵でしたね。

 

WAZA
二人のシンクロ率が普段はもっと高いのかなーと思ってしまったり。良い意味での裏切りがもっと見たかったです。

 


PROFECTION (HIP HOP/兵庫・大阪)

マスヨシ
他のチームよりも気持ちに余裕があるように見えてダンス自体が上手いので振りのレベル上げるか貫くか何かしらの自分達だけの強みがあればもっと目立つと思いました。

 

MIKIHO
どこよりも勢いがあったんじゃないかなと思います。気持ちの爆発に体がついていけてない瞬間もあったので、2つが合わさって相乗効果をうめると更に良いのでは無いかなと感じました。

 

ASA
ダンス力はもちろん、気迫、勢い全て伝わってきたチームでした。作品の流れも個人的に好きでしたね。全てのバランスが1番取れてましたね。かっこよかったです。

 

WAZA
作品は凄くいいと思います。もっと個人のキャラと個性を前面に出せると更に良くなると思います。
 

 

 

===JUDGE===
マスヨシ, MIKIHO, ASA, WAZA

マスヨシ
出場者みんなのアタックに掛ける気持ちの強さに、ダンスで青春しまくってるなー!最高やん!って気持ちが半分しめてます。もう半分は、振りに対してダンサーのスキルと気持ちがばっちりハマってる子とズレが出てもどかしい子がいてるなという部分ですね。誰かが作った凄い振りよりも、身の丈にあったダンスをしてる子の方が気持ちよく見れましたし楽しめましたね。オリジナリティがあって観てる側が気持ちよく見入ってしまうが前提にあるチームが高得点でした。コンテストなので作品に波も無くただ気持ちよく踊られても何か違うと思うので、沸点や抜き等、お客さんの目線に対するエンターテイメントを違和感なく作品に入れてるチームはワクワクしました。こんな長文になっても結局は半分が気持ちです。気持ちとダンスが掛け算になってるチームが最高ですね。入賞以外で惜しかったのは何チームかありますが、まず「ExQuisite」ですね。華がありました。華は努力でなかなか手に入りません。次に「javla」気持ち込め過ぎて体を抑え切れてないぐらいで笑顔になりました。なかなかあそこまで気持ち入れて踊れません。総じてコンテストの難しさを本当に痛感した一日でした。順番違えば結果も変わってたかもしれないですしジャッジ変れば結果も今日とは同じにはならないので自分達のチームの良さを理解して貫いて欲しいですね。自分が出てた頃のアタックより格段にレベルが上がり過ぎてて動揺しました。上手い以外の武器が欲しいね!


MIKIHO
レベルがとても高く、かっこいいチームが沢山で審査はとても悩みました。高いレベルでダンスが踊れるだけではなく、チームの個性や、他にはない自分達なりの際立ったもの、またグッと心を掴む瞬間をうむ事が出来たチームが結果に繋がったのだと思います。誰かのように、ではなく、このチームだからこそ生まれるものを諦めず探して行って欲しいなと思います。そして、インパクトやスキルだけで無く、ダンスを踊る、という事も大事にするともっと良いのではないかなと思いました。入賞以外では、「javla」は難しく不規則な音なのに、無理なく踊っているように見えてかっこよかったです!「Nuevo animus」は気持ちがストレートに伝わってきました。「Foot Loose」は上手いなと感じたので、ここにしかない何かを魅せれると素晴らしいと思います。「Boogie Down Bounce」は爆発力が素晴らしかったです。「AVID」は発想が面白かったです!もう少し心に残る瞬間があればなと。あと衣装にももう少し拘って欲しいなと感じました。


ASA
レベルは高いだろうなとは思っていましたが、本当に高すぎて悩みまくりました。私も高校3年間、attackに命かけて挑戦し続けたので、、通らなかったチームは相当悔しいと思います。それぞれ技術はどのチームも凄いのですが、同ジャンル同士で作り方の似ているチームが多かったかな?と。その中にもちろんチームカラーも見えるのですが、何か本当にずば抜けないとこのハイレベルの大会で通過は難しいですね。特にHIP HOPとJAZZはチーム数が多かったので特にそう感じました。後はコンテストなので1人だけが上手いとかではなく、チームの一体感で会場全員を味方にしてしまうような、そんな空気感を持っていたチームが通過したかなと思います。入賞以外で印象に残ったのは「AMAZE SPIRIT」は考えられているなって見入ってました。個人的にはすごく好きです。「AVID」は、シンプルに上手い。ただ上手いからこそもう少し踊ってる部分見たかったなあと思いました。「詩桜花」はまとめ方も魅せ方もすごくキレイでした。あとは更に勢い付ければもっとよくなると思います。「ExQuisite」は前半凄くよくて、おっ!と思っていたのですが後半までずっと同じ感じだったのが惜しかったですね。


WAZA
全体的にレベルが高くて見応えがありました。振り付けにおいて、スキルが追いついてないチームや、曲に乗り切れてないチームが目立ったので、まず何を表現したいのか、果たしてそれは伝わるクオリティなのか、音楽に乗り切れるか、など、作品が出来てからの更なる深い追求心がよりクオリティを高めてくれると思います。個人的に、HIPHOPのカッコいいチームが多かったので僕は嬉しかったです。入賞以外では「Boogie Down Bounce」「RunUp」「FOOT LOOSE」「javla」「KLANG」はカッコよかったです。「ExQuisite」は印象的でした。「jumelfeeL」は個人的に好きでした。
 

 

 

 

一覧にもどる